クラフト紙袋 包装資材 の 平松産業株式会社

平松原紙をつくる

平松原紙をつくる

楠工場で使用している紙袋の原紙ロールは1000メートル(1ロール=1R)が基準になります。

紙袋製造の工程では、0.3Rや0.5Rの半端な原紙ロールを繋いで使用するのですが、
原紙の繋ぎ目、前後20メートルは使用することができません。

但し、製袋の中身として使用する分には、紙袋1枚分のみを省けば使用することができますから、
これを『平松原紙』と名付けて利用します。

できるだけ短くなった原紙を繋ぎ合わせて、1R以上の原紙として利用することで、ツナギロス・半端原紙・チューブロス、これらのコストダウンが実現できます。

楠工場 渡辺

画像の説明 画像の説明

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional