クラフト紙袋 包装資材 の 平松産業株式会社

製袋機を改良する

製袋機を改良する

楠工場の製袋機は、ロール状の原紙からチューブ状の袋を成形する機械です。

紙袋のマチ部分をガゼットと言いますが、巾の広いガゼットを成形したとき、紙が波状になると紙端と紙端(糊が付いてる)が内装に付着して、袋が開かないクレームが発生しました。

対策としては、製袋機にガイド棒を取り付けました。

こうすることで、紙が波状になるのを抑え、紙と紙の間の隙間を確保して糊の付着が無くなり綺麗に成形されるようになりました。

楠工場 百々

画像の説明 画像の説明

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional