クラフト紙袋 包装資材 の 平松産業株式会社

包装紙のロスを無くす

包装紙のロスを無くす

本社工場では余った原紙ロールを利用して、
紙袋製品の外装に使用する包装紙を自社で作っています。

まず、余った原紙を機械でサイズ調整した後に25枚分巻き取ります。25回と決めているのは、
外周になるほど1枚目よりも長くなってしまうので、25枚迄が適切と考えます。

画像の説明

巻き取った原紙を機械から外して、1枚分毎にカットするのですが、原紙をセットしたところから包装紙の先頭部分までをカットする必要があり、この部分に原紙の無駄と時間のロスが発生します。

改善として、ガーデンクリップという商品を改造し
原紙を直接巻取り棒に取り付けられるようにしました。

画像の説明

この方法で、最初の汚れた部分と最後の寸たらずの部分を除いて、包装紙25枚毎のムダになっていた部分が無くなります。そして、カットし捨てていた原紙も無くなりました。

画像の説明

時間の節約とコストダウンが一度にできた改善となりました。

本社工場 山田豊行

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional