クラフト紙袋 包装資材 の 平松産業株式会社

つぶやき39回目

つぶやき39回目

平尾です。ご無沙汰しております。

春本番を迎えて、いたるところで桜が満開。いやぁ~いい季節になりましたね。
先日、孫と散歩していると空き地にツクシがいっぱい出ていました。早速摘んで帰って家内に料理してもらい、春のご馳走を頂きました。太陽の香りがしてナイスでした。

画像の説明

画像の説明

話しは変わりますが、先日の日曜日(6日)にビーチボールバレーの西尾張大会がありました。
私はエントリーをしていなかったのですが、60歳以上MIXの部門に出場予定だったクラブ員に急用が出来たため、大会の3週間前に会長からピンチヒッターの依頼を受けて出場しました。

MIXというのは、60歳以上の女性4人、もしくは60歳以上の女性3人と男性1人のチーム編成で行います。私も今年が還暦ですので資格はあるのですが、引き受けたチームはキャリアは長くても勝利を味わったことのない、負けることが当たり前のようなチームです。

しかも本番までにたった3回しか練習できず、期待はできませんが、『優勝してラガービール2ダースゲット』を合言葉に本番に臨みました。

まずは予選の1試合目。相手は昨年のジャパンカップ優勝チーム。案の定コテンパンにやられました。2試合目はやはり各上のチームでしたけど、なんとかフルセットで勝ってブロック2位で予選を通過しました。

午後になって決勝トーナメント。
一回戦は一宮のチームでしたが、この試合もフルセットで勝利。で、次は準決勝。    

相手は同じ愛西市の強豪チーム。普段の練習ではまったく歯が立たないらしいのですが、この時は3人とも集中力が半端じゃなかった。レシーブで粘り強く拾いまくって繋いで繋いでストレートの勝利。

やはり勝つことが一番早く上達する道だということを再認識すると同時に女の執念を垣間見た瞬間でした。

いよいよ決勝戦です。
相手はキャリアのなが~い、あま市のチームです。
大声援の中、接戦に持ち込んだのですが、前の試合で体力を使いきったようでストレート負け。
準優勝に終りましが、戦前の予想を覆す見事な準優勝です。

大会後の表彰式で賞状と準優勝の大きなカップと発泡酒2ダースを頂いて全員笑顔で記念写真を撮ってもらった後、3人のチームメイトが、『平尾ちゃん、このカップどうしょう。私達こんなのもらったの初めてやし、どうしたらいいのかわからん。』の言葉がものすごく嬉しくて、胸がジーンと熱くなりました。

この歳になって感激させてくれたチームメイトの3人に感謝々の一日でした。

次の日は筋肉痛でヨレヨレだったことは言うまでもありません。

では、また。 常務 平尾正明

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional