クラフト紙袋 包装資材 の 平松産業株式会社

コピー用紙を節約しよう。

コピー用紙を節約しよう。

どこの会社でも同じだと思いますが、
日常業務の中でコピーやパソコンからの印刷にたくさんの用紙が使用されています。

社内ではコピー用紙節約のためにできるだけ裏紙を使用するようにしていますが、
使われずに捨てられている用紙も見つかります。

調べたところ、裏面が白紙のまま捨てられているコピー用紙が
昨年3月~今年5月の間に「約8500枚」集まりました。

以前から裏紙を使用している、【工程ロット管理表】【改善提案用紙】、
これ以外にも新たに裏紙を使用する書類を決めて積極的にコストダウンを進めます。

裏紙を使用する書類として、
・工程ロット管理表
・各個人の日報
・各部署の業務日報
・衛生管理チェックシート
・改善提案用紙
まずはこれらの書類を指定しました。

今回調べた8500枚のコピー用紙の裏紙がすべて使われたとして、
コピー用紙2500枚の購入価格¥1,512(税込)
8500枚で¥5,140のコストダウンにつながります。

そしてコピー用紙の節約がうまくいったら、
次のステップとして書類のデータ保存を考えていきたいと思います。

現在の書類を、
1.誰が入力・印刷しているか。
2.その書類は誰が閲覧しているか。
3.その書類は紙で保存しておく必要があるか。

弊社は本社・本社工場・楠工場が社内LANでつながっています。
本社事務所にあるファイルサーバーを利用し、PDFで出力して書類を保存しておけば
誰でも必要な時に書類を閲覧することができます。

これがうまくいくと、必要以上に用紙・インク・トナーを使うことが無くなり、
資源の節約につながります。

本社製造部 石田奈央

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional