クラフト紙袋 包装資材 の 平松産業株式会社

つぶやき31回目

つぶやき31回目

お待たせをいたしました、ようやく雨が降りました。
と、思ったら、たった1日だけ。やはり水不足解消にはなりませんね。

先週の土、日に一泊旅行を楽しんできました。
『七夕会』という名前で近所の仲の良い夫婦3組が集まって、
年に一回の旅行と食事会を楽しんでいます。

1日目は兵庫県の天空の城、竹田城と出石町の城下町跡それと豊岡のコウノトリの郷へ行きました。良かったのはコウノトリの郷。11羽のコウノトリが放し飼いにされていて、空を悠然と飛んでいる姿に迫力があり、生き物好きの私にはたまりません。

あの雄大な姿が何十年か前には普通に見られたのでしょう。今は餌付けをしたり、遠くまで飛べないように羽根を少し切ったりして保護されているようです。もっともっと数が増えて、数え切れないくらいのコウノトリが飛んでいる姿を是非見たいと思いました。このブログを読んでいる皆さんに一番お勧めのスポットですので一度出かけてください。感動しますよ。

画像の説明

その後は夕日ケ浦温泉に泊まって近海の魚を食べて夜8時には床に就きました。ZZZ・・・。

2日目は伊根の舟屋から天橋立というコースで朝8時30分に出発。途中に立ち寄った道の駅で
またまた感動。

小さい道の駅だったのですが、その隣で老夫婦が鰈(かれい)の自家製の干し物を売っていました。身が分厚く、見るからに美味しそう。しかも3枚で1000円という破格の値段だったのでイカの塩辛と一緒に買って帰りました。

で、昨夜さっそく鰈の干し物を食したのですが、これが絶品。
今まで食べた干物は何だったのだろう・・・・というくらい美味しかったです。
たぶん老夫婦が心を込めて、ていねいに作ったのでしょうね。絶妙の塩加減でした。
もう一度いってみたいのですが、何処の道の駅だったか、思い出せないのが残念です。

と、まあ今回は『七夕会』の紀行を書いてみました。
お時間に余裕があれば出かけてみてください。

常務 平尾正明

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional