クラフト紙袋 包装資材 の 平松産業株式会社

つぶやき21回目

つぶやき21回目

一気に寒くなりました。
そろそろ夏用のスラックスともお別れです。

10月27日(土)と28日(日)に伊豆の下田までロングドライブに行ってきました。
今回の目的は、『ひたすらに魚を喰らう』です。

朝六時に出発、伊勢湾岸道路を経由して東名高速を通って新名神高速に入るのですが、
朝ごはんは食べません。
ちゃんとした目的を達成するためです。

午前九時 新清水インター到着、南下して一路沼津港に向かいます。
九時半、沼津港の目的地『まる天食堂』到着です。
ここは中日新聞の夕刊に載っていたので一度来たかったのですが、昼食時は満員だろうと思い、
わざと中途半端な時間に着くようにしたので比較的空いていました。

新聞に載っていた『マグロうにぶつ丼』を頂きましたが、マグロの量にビックリ。
またその旨さに大満足でした。

その後、沼津港の魚市場を見学後一路伊豆下田に向かいます。
途中、河津温泉に立ち寄り温泉の噴湯を見物、稲取温泉にて吊るし雛を見学、
南伊豆にて石廊崎に立ち寄り灯台近くまで約1kmの坂道を歩いた後、
下田のロープウェイに乗り、ひたすら空腹の状態を作るように心がけ、
午後五時に無事ホテルに到着しました。

一休みしてお風呂に入った後、お待ちかね、夕食の時間。
今回の一番のお楽しみ、『金目鯛の煮つけ』の登場です。
おまけに鮑のバター焼きや伊勢海老の鬼殻焼きなども登場して、
テーブルの上は大変にぎやかで豪勢です。

私は特に魚の煮付けが大好物なので、今回の『金目鯛の煮つけ』は楽しみにしていたのですが、
脂がのっていて予想通りの旨さで大満足。
その後アルコール分0%のビールが効いたのか、午後八時半に就寝しました。

次の朝五時起床。
ホテルの朝食バイキングを頂いたあと寄り道をしながら午後二時に清水港に到着。
魚市場をうろうろしていると、目の前に『清水のこぼれ寿司』の看板。
これは美味しそう、とさっそく店に入って家内は『清水のこぼれ寿司』を注文。
私は牡蠣フライを注文したのですが、その名の通り、寿司の具がドバッとかかっていて
寿司飯に乗り切らず、牡蠣フライは子供の握りこぶしぐらいの大きさの物が五個出てきてまたびっくり。お腹がパンパン状態で帰路につきました。

以上、今回は私達夫婦の食いしん坊紀行をお届けしました。
どうです、皆さんお腹が減ってきたでしょう。

ではまた。

常務 平尾正明

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional