クラフト紙袋 包装資材 の 平松産業株式会社

沿革

沿革

1953年 昭和28年・平松商店として藁工品製造販売の営業開始

1958年 昭和33年・麻袋の修理加工販売

1959年 昭和34年・クラフト紙袋の再生加工販売

1960年 昭和35年・株式会社平松商店とする

            ・クラフト紙袋の新袋加工販売

            ・ポリエチレン袋の加工販売

            ・PP、PEクロス袋の加工販売

1976年 昭和51年・370坪の工場増設と共に大型クラフト紙袋製造設備を新設

            ・平松産業株式会社に商号を変更

1978年 昭和53年・工場及び倉庫200坪増設

1980年 昭和55年・楠工場240坪新設

1989年 平成元年・大型クラフト紙袋製袋機を新鋭設備に更新

1991年 平成03年・自動吸袋機付きシングルミシンの新設

1993年 平成05年・鉄骨台車、金網パレットの販売

1995年 平成07年・本社2階工場空調設備の設置により食品用紙袋の製造部門を拡張

            ・手差し自動シングルミシンの自社開発

1997年 平成09年・達成会議の発足により、目標管理の開始

1998年 平成10年・経営指針の成文化と発表会の開始

            ・新聞委員会の発足により、ひらまつ新聞「笑門来福」の発行

            ・福利厚生委員会の発足により社員の手による親睦、社風創りの開始

2005年 平成17年・M-EMS(みえ環境マネジメント・スタンダード)に認証取得

2006年 平成18年・ISO9001取得

            ・ホームページリニューアルオープン

2007年 平成19年・データーベースソフト桐を使って紙袋規格を構築

            ・地元磯津保育園園児の第一回楠工場見学

            ・改善活動の盛り上げと再構築を若手社員が担当

            ・社内ホームページで情報の共有

2008年 平成20年・データーベースソフト桐で紙袋規格が完成

            ・別原価管理表が動く

            ・リーマンショックで経営体質の改革

2009年 平成21年・未来塾を開催

            ・お誕生日に本のプレゼント

            ・チーム制を開始

            ・改善チームが盛上げる

            ・地元磯津保育園園児の第二回工場見学

2010年 平成22年・改善ブログ、カエルの見学会、改善メール開始

2011年 平成23年・太陽光パネル、鉛バッテリー、LED照明を使って直流ハウス
             「創エネ、蓄エネ、省エネ」が完成

2012年 平成24年・CMS(コンテンツマネジメントシステム)ソフトQHM-Proを導入、
             ホームページ、改善ブログを再構築
            ・エアコン室外機に冷却装置を設置する

2013年 平成25年・楠工場に設置したエアコン室外機冷却装置の温度測定を開始する。
            ・北山水産様、中外医薬生産様にエアコン室外機冷却装置を設置する。

2014年 平成26年・より一層の改善活動を進める、品質改善、3S改善等の話し合う時間を多くする。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional